セ・リーグ vsパ・リーグ 評価評論

人気があるのはセ・リーグ?それともパ・リーグ?

球場

プロ野球にはセ・リーグとパ・リーグの2つのリーグがあり、6球団ずつがそれぞれのリーグに属しています。かつては、リーグ対抗で行われるオールスター戦で、パ・リーグの方が勝率が高かったため、それぞれのリーグを揶揄して、「人気のセ、実力のパ」と呼ばれたものでした。

これは、セ・リーグの球団の中で、東京の球団の親会社が新聞会社で、テレビ局への影響力が強いことから、試合が逐一放送され、全国的にファン層を広げたことと、人気選手が多く入団したことが1つの要因となっています。更に、大阪にほど近い兵庫県に本拠地を置く球団が、宿敵のライバルとして、試合を盛り上げたことも関係しているでしょう。両者の対戦は、2球団のファンから「伝統の一戦」と呼ばれています。

パ・リーグでは、身売りや合併問題で揺れ、存続するのが危ぶまれた時期もありました。しかし、全国的なファンの獲得から、地域密着型の球団としての舵取りをしているため、球場に直接来たファンが楽しめる企画を用意したり、球場設備を整えたりするようになりました。球団マスコットの中には、選手とファンの橋渡し的な存在になることもあり、親しまれているマスコットも増えています。家族連れや1人での観戦でも安心して楽しめるようになり、観戦する客が増えファン層が広がっています。セ・リーグの他の4球団でも、同様の動きが広がり、熱心なファンによる応援が話題になっている所も多くなっています。

現在では、交流戦が盛んに行われていることもあり、セ・リーグでもパ・リーグでも人気が拮抗してきています。

セ・リーグとパ・リーグ 実力は?

グラウンド

セ・リーグとパ・リーグの実力はどうかというのはよく議論になるところです。昔から人気のセ・リーグ、実力のパ・リーグというように言われてはきましたが、これが的を得ているかどうかは分かりません。

最近ではパ・リーグの人気もかなり高くなっているので、この昔の言葉はかなりあてはまらなくなっています。

ただ、交流戦という両リーグが対戦する試合の戦績を考えると圧倒的にパ・リーグが優位になっていることは結果として出ています。指名打者というシステムの違いが指摘されることもありますが、それでこれだけの圧倒的な結果が出るとは考えにくいですから、かなりの実力を持ってるチームがパに多いということが現状ではいえるでしょう。

人気のあるセ・リーグがちやほやとされるなかで、じわじわと力を付けていたということになるのでしょう。今はどんどんと情報が公開されていくので、戦術やトレーニング方法まで最新の技術が取り入れられていて、より戦略が高度になっていることがあります。トレードなどのシステムもありますし、新人の獲得も出来るだけ平等になるように、特定の抜きん出たチームが出てこないようにしているシステムもありますから、力が拮抗しているということはいえるのでしょう。

野球ボール

ブックメーカーで試してみる

野球ブックメーカーで

交流戦や日本シリーズで、セ・リーグとパ・リーグの対戦をブックメーカーで賭けてみるという方法もあります。また、賭けない場合は、オッズに注目してみるといいでしょう。プロの予想がどのようになっているのか、非常に参考になります。

ブックメーカープロ野球は、英語以外に日本語版も多数あります。ブックメーカーのオッズが低ければ、それだけそのチームが勝つという予想をしている人が多い、ブックメーカー会社が予想しているということが分かります。

短期決戦の場合、試合をやってみなければ分からない事が多いですが、ブックメーカーのオッズは重要なデータとなるでしょう。多くのブックメーカーのオッズをチェックしてください。ただ、プロ野球の面白いところは、予想通りにいかないことでしょう。